F1ベルギーグランプリの観戦方法と注意点

世界を股にかけて熱戦が繰り広げられるF1ですが、夏シーズンのレースというのは気温と同様に熱中したレースが多くなります。特にベルギーで開催されるグランプリは毎年熱戦になることが多く、国内外を問わずファンがいるほど人気があるグランプリの一つでもあります。ハンガリーで開催されるグランプリとイタリアで開催されるグランプリの間に開催されることが多く、ベルギー国内においてはサマーブレイク開けです。そのため、夏の終わりと言ってもまだまだ炎天下が続くこともあり、現地で観戦するときは熱中症に注意しなければいけません。また、スパ・ウェザーという独特の気候の影響もあり、炎天下でありながら雨が降ったり大気が不安定になることも珍しくないのでレインコートの用意が必要だったりと観戦するときの必須アイテムは意外と多いのです。

スパ・ウェザーはレースにも大きく影響する

天気が不安定になっているということはレース中に雨が降ってしまう可能性があるということでもあります。そうなるとコースが雨で濡れてしまいスリップが頻発するなどドライバーにとってもベルギーで開催されるグランプリというのは難しい大会でもあるわけです。天気の変動というのはドライバーの技術で対処できるものではないので、チーム一丸となって天候の変化に対処する必要が出てきます。ピットクルーは雨が降ってきた際に雨天時用のタイヤへの交換や、ドライバーへの配慮というのも必要になってくるため、最後まで勝敗が読めないレースということでF1ファンにとっては親しまれているグランプリでもあります。また、最後まで勝敗が読めないということは番狂わせが起こりやすいという意味でもあり、新たなチャンピオンが誕生しやすいグランプリでもあるのです。

ベルギーに行ったら観光も忘れないようにしよう

ベルギーと言えばチョコやワッフルが有名な国というのは多くの人が知っているでしょう。そのため観戦ツアープランを利用して現地へ行くとなれば、観光をすることもマストです。日本にいてベルギーチョコレートやベルギーワッフルを口にすることは珍しく、お店で売っているものでも国産の物と大して違いがわからないという場合も多くあります。しかし、現地で食べるからこそ違いがはっきりと分かるものです。そのため、ベルギーに行ってF1のグランプリを現地観戦するのも良いですが、無理やり時間を作って観光しておくことも大切な思い出となります。日本からヨーロッパなどの距離がある国というのは気軽に行けるものではないので、ツアープランの割安チケットなどを利用して満足いくまでベルギー観光を楽しみましょう。