ベルギーの基本情報とF1グランプリ会場の詳細

F1レースのグランプリはベルギーやモナコなど世界各地で開催されており、世界中に多くのファンがいます。日本でもF1レースのグランプリは鈴鹿で開催されており、グランプリが開催される度に世界各地から観戦に訪れる人も多いものです。F1レースはテレビ中継されることも多く、自宅にいても気軽に観戦することが可能です。しかしながらF1レースは生で観戦するとその迫力を目や耳、肌で体感することができます。F1でしか見ることができないそのスピード感や迫力などは、やはりテレビの画面上で見るものは比べ物にならないため観戦するならば実際にグランプリが開催されている現地を訪れることをおすすめします。世界各地でグランプリが開催されていますが夏に観戦したい場合はベルギーのF1グランプリがおすすめです。

ベルギーで行われるF1グランプリの特徴とは

ベルギーで開催されるF1レースのグランプリは1925年にはじめて開催されました。その後何度か中断されており、1925年から毎年行われているわけではありませんが、90年以上にもなる非常に歴史あるグランプリであるといえます。ベルギーのF1レースの特徴は全てのグランプリの中で最もコースが長いという点と、100m以上の標高差があり、高低差が非常に大きくエキサイティングなレースになることが予想されるためF1のファンだけでなく、現役のレーサーからも愛されるサーキットです。またベルギーのグランプリは夏休み後半から夏休み明け頃である8月の後半から9月の始めに開催されており、この時期のベルギーは天候が非常に変わりやすく、こうした天候の変化もレース展開に大きく関係しているため、見どころの多いグランプリであるといえます。

ベルギーでF1グランプリを観戦したい場合は

ベルギーでF1レースのグランプリを観戦したい場合は観戦チケットを確保したうえで航空券やホテルの予約をすることも可能ですが、日本からも数多くツアーが組まれているため、こうしたツアーに申し込むことが非常にお勧めです。ツアーにかかる費用は旅費が15万前後と観戦チケットの費用に加えて食事等の費用が必要となります。観戦チケットは席によって価格帯がさまざまですが、平均して3日間の通しチケットで6万円から9万円ほどです。ツアーでは希望すれば延泊することができ、グランプリを観戦するためだけでなく観戦後に観光することも可能であるため、自分の自由にツアーをアレンジすることができ非常に魅力あるツアーも多いです。またホテルから会場までの送迎が付いているツアーもあり、送迎付きのツアーであれば迷うこともないため安心でしょう。