F1ベルギーグランプリの魅力を紹介

F1とは、世界最高峰のレースのことで、Fは「formula」という単語を表しています。エンジン、車のサイズや重量、そして排気量などでレーシングカーをクラス分けしていて、「1」はそのクラス規定に沿ったレースの中では最高峰であるレースを意味しています。ここからformula oneという名称になりました。レーシング界の最高峰を目指すために、世界中の強豪のドライバー達が各国で行われるF1に参加をして競い合います。ベルギーでもF1のグランプリは初開催が1925年に行われていて、1950年からは継続的に催される伝統的なイベントになっています。現在では全長12kmの公道のコースである、スパ・フランコルシャンで行われます。多くのファンを魅了し続ける高速サーキットですので、国内外を問わず人気があり他国からも多くの観戦者が来ます。

ベルギーのグランプリは伝統がある人気のF1です

スパ・フランコルシャンで催されるベルギーでのF1のグランプリの概要は、コース全長は7004mで、コーナー数は19あり、周回数は時計回りに44周します。高速サーキットとして非常にエキサイティングなレース展開ですので、多くのファンが会場には詰め掛けて声援を送る、国にとっても一大イベントです。そのため、多くの観光客の需要が見込まれることから、F1観戦ツアーも各旅行会社からは組まれています。飛行機も日本からの格安航空など利用している旅行会社もあったり、現地でも安心に過ごせて安く滞在ができるツアーなどいろいろありますので、個人で旅行を組むよりも観戦ツアーの方がコストパフォーマンスも良いことが多いです。初めて観戦をする方でも、ツアーを利用すれば気軽に楽しめますので、一度観てみたいと思われる方にはお勧めです。

ベルギーのF1のグランプリは観戦ツアーがお得です

ベルギー・リエージュ州のスパ市郊外のフランコルシャンで、ベルギーのグランプリは開催されますが、通称「スパ」と呼ばれてF1のファンからも親しまれています。ここは世界三大耐久レースである「スパ・フランコルシャン24時間レース」の開催地でも古くから知られています。コースの中では場所によって天候が非常に変わりやすいことで有名で、そういった天候の過酷さが、よりエキサイトするレース展開を生みます。旅行会社の観戦ツアーでは往復での飛行機や、観戦地に近い宿泊施設や現地でのお食事などといったものがツアーセットになっていたり、あるいはオプションで自由に選択ができる場合も多いです。現地やサーキットを知り尽くしたからこその、旅行の内容が組まれてもいますので満足して参加をすることができるのでお勧めです。

30歳ぐらいから70歳ぐらいまでのお客様が弊社F1ツアーのメイン客層となっております。 現在はF1観戦ツアーを主力サービスとしてご提供しております。 延泊・減泊などのアレンジも可能です。 将来(数年先)はリピーター割引なども実施する予定です。 どんなF1観戦券も手配できますので、ご希望に合わせて観戦券を自由に選択出来ます。 F1観戦ツアー|ベルギーグランプリを観に行こう